ホームページの紹介文など

研究情報

研究情報1

 現在取り組んでおります研究課題として、福島第一原子力発電所の放射線被ばくによる、多くの子供たちに発症している【甲状腺機能障害】の改善及び癌化の阻止。
人体に大きな影響を与える放射線は、セシウム137とストロンチウム90で、どちらも半減期(消滅時間)は、約30年です。体内で照射し続ける期間は約70日間、内部被ばくによって細胞内の遺伝子が崩壊し、免疫細胞をも破壊します

研究情報2

全世界にパンデミックが起こる可能性が高い、【エボラ出血熱】への挑戦です。


▲ページトップに戻る